コンテンツにスキップする

中国、国内操業のテクノロジー企業を精査へ-米の刑事訴追で

中国は同国で操業するテクノロジー 会社が国家の安全保障を侵害する可能性がないか精査する。国家インタ ーネット情報弁公室(SIIO)が22日発表した。米政府が中国人民解 放軍の将校5人を経済スパイ行為の罪で刑事訴追したことを受け、中国 は報復を辞さない構えを示している。

国営の新華社通信がSIIOの声明を引用して伝えたところによる と、サプライヤーの製品が「顧客のシステムを不正にコントロール、中 断、停止させる」ことを防ぐ目的で検査を実施する。SIIOの広報担 当者は20日、今回の訴追は事実に基づいておらず、米国が「自国の流儀 を通すのであれば」中国は対抗措置を取るだろうとしていた。

マーブリッジ・コンサルティング(北京)のマネジングディレクタ ー、マーク・ナトキン氏は「今回のような米国の行動をなかったことに するのは不可能だ」と指摘。中国側からも何らかの対抗措置が講じられ るはずだと述べた。

新華社が国家情報技術安全研究センターのチーフエンジニア、リ・ ジンチュン氏を引用して報じたところによれば、中国で操業する国内外 の企業の製品・サービスが検査の対象となる。

原題:China Will Vet Tech Firms After Threatening U.S. Retaliation(抜粋)

--取材協力:Scott Moritz、Jordan Robertson.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE