コンテンツにスキップする

タイ通貨安、弱気相場の兆しでない-投資家はクーデター慣れ

タイで軍部がクーデターを宣言した 直後、通貨バーツはドルに対して0.6%下落した。だが、テンプルト ン・エマージング・マーケッツ・グループなどはこうした相場の弱さは 一時的にすぎないとみている。

テンプルトンのマーク・モビアス執行会長は電子メールで、「現在 の軍事クーデターは情勢の安定化につながっており、全体としてはプラ スである可能性が高い」と指摘。「タイに直接投資を行う海外投資家が 国内の安定を望んでいることを考えれば、同国の今後の見通しは良好 だ」との見方を示した。

証券取引所のデータによれば、20日に戒厳令が発令された後、海外 投資家はタイの株式相場から計4億800万ドル(約415億円)を引き揚げ た。指標のSET指数は今月に入り0.7%下落。バーツは今月、アジア 通貨で最も大きく下げている。22日のニューヨーク市場では前日 比0.3%安の1ドル=32.556バーツと、初めの下げを一部戻した。

クレディ・アグリコルCIBとコモンウェルス銀行、みずほ銀行は バーツの短期的な弱さを見込む。キャピタル・エコノミクスのアジア担 当チーフエコノミスト、マーク・ウィリアムズ氏(ロンドン在勤)は、 今回のクーデターが市場の不透明感を後退させ、政治的行き詰まりが暴 動につながるリスクを低減させることで、短期的に金融市場にとってプ ラスとなる可能性を指摘する。タイ市場は1932年以来、10回を超すクー デターに見舞われている。

サムスンASEANエクイティ・ファンドの運用を担当するアラ ン・リチャードソン氏(香港在勤)は電話インタビューで、「政治的混 乱は大詰めの段階に近づきつつある」と述べた。

原題:Thai Baht Plunge Is No Bear Market Sign to Coup-Savvy Investors(抜粋)

--取材協力:Rajhkumar K Shaaw、Chris Blake、Kartik Goyal、Nikolaj Gammeltoft.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE