コンテンツにスキップする

アジア・太平洋株式サマリー:香港・中国株上昇-印株は最高値

アジア・オセアニア各株式市場の動 きは以下の通り。

【香港・中国株式市況】

香港・中国株式相場は上昇。上海市場の不動産株指数が約1カ月ぶ りの大幅高となった。中国政府が今年の成長目標を達成できない事態を 回避するため、4年にわたる不動産抑制策を緩和するとの観測が広がっ た。

中国本土市場では万科企業(000002 CH)が3.3%高、保利房地産集 団(600048 CH)が4.3%高。上海の不動産株指数は2.1%高と、4月22 日以来の大きな上げとなった。香港市場では緑城中国(グリーンタウ ン・チャイナ・ホールディングス、3900 HK)が6.6%上げ、中国海外発 展(688 HK)が5.5%上昇した。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動する 上海総合指数は前日比13.28ポイント(0.7%)高の2034.57。上海、深 圳両証取のA株に連動しているCSI300指数は0.8%高の2148.14。

中国当局は北京と上海、広州、深圳を除く都市に住宅購入抑制策の 調整を許可したと、中国紙の南方週末が住宅都市農村建設省の匿名の関 係者の話として22日報じた。

交銀国際の何志忠アナリストは23日のリポートで、「さまざまな都 市で若干の微調整政策がすでに導入されているものの、市場関係者が住 宅購入規制の大きな緩和を期待できるのはこれが初めてだろう」と指摘 した。

ハンセン指数は前日比12.10ポイント(0.1%)高の22965.86。ハン セン中国企業株(H株)指数は0.1%高の10121.06。

【インド株式市況】

インド株式相場は上昇し、指標のS&Pセンセックス指数は過去最 高値を更新した。モディ新首相が景気刺激策を講じるとの投資家信頼感 の高まりを背景に、週間ベースでは3週続伸となった。

資産規模でインド最大の銀行、インドステイト銀行は3年ぶり高値 を付けた。同行の第4四半期利益が事前予想ほど減少しなかった。産銅 会社セサ・スターライトは終値が2011年8月以来の高値となり、構成銘 柄の中で今週最良のパフォーマンスとなった。国内最大の発電機メーカ ー、バーラト重電機は3.3%上昇。前週末比の上昇率は18%となった。

ムンバイ市場のセンセックス指数は前日比318.95ポイント (1.3%)高の24693.35で終了。週間ベースでは2.4%の値上がりとなっ た。

モディ氏率いる野党連合が総選挙で30年ぶりの大勝利を収めたこと で景気てこ入れ策への期待が増し、成長加速から恩恵を受ける銘柄が買 われている。インド人民党(BJP)がモディ氏を首相候補にした昨年 9月13日以降、センセックス指数は25%上げている。

アンビット・インベストメント・アドバイザーズ(ムンバイ)のマ ネジングディレクター、バイブハブ・サングハビ氏は電子メールでのイ ンタビューで、「当社の見方では、景気が底入れしたとの観測から景気 循環銘柄の上昇が続くだろう」と答えた。

【オーストラリア株式市況】

S&P/ASX200指数は前日比12.85ポイント(0.2%)高 の5492.79。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比1.58ポイント(0.1%)高の2017.17。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比38.59ポイント(0.4%)高の9008.22。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE