コンテンツにスキップする

米ギャップ:2-4月利益は予想上回る-スポーツウエア好調

米衣料品チェーン最大手、ギャップ の2-4月(第1四半期)決算では利益がアナリストの予想を上回っ た。低価格の衣類やスポーツウエアが売り上げに貢献した。

22日の発表資料によれば、純利益は2億6000万ドル(約265億円、 1株当たり58セント)と、前年同期の3億3300万ドル(同71セント)か ら22%減少。ブルームバーグがまとめたアナリストの予想平均は1株当 たり57セントだった。売上高は1%増の37億7000万ドル。

グレン・マーフィー最高経営責任者(CEO)は発表資料で、2- 4月期は鈍いスタートだったものの期末にかけて回復し、特に低価格帯 の「オールド・ネイビー」ブランドが健闘したと指摘。ギャップの既存 店売上高は4月に9%増加し、オールド・ネイビーは18%伸びた。た だ、2-4月期全体の既存店売上高は1%減だった。

RBCキャピタル・マーケッツのアナリスト、ハワード・トゥービ ン氏(ニューヨーク在勤)は、オールド・ネイビーが特に「スポーツレ ジャー」衣料で価格に敏感な消費者の支持を集めていると指摘。決算発 表前の顧客向けリポートで、「スポーツ・レジャー衣料の点ではギャッ プを高く評価している」と述べた。

原題:Gap Profit Tops Estimates as Athletic Selection Boosts Sales (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE