コンテンツにスキップする

米HP:追加人員削減へ-2-4月売上高は市場予想下回る

世界2位のパソコン(PC)メーカ ー、米ヒューレット・パッカード(HP)の最高経営責任者(CEO) にメグ・ホイットマン氏が就任して2年半が経過するが、経営改善に向 けた同氏の取り組みは難航している。

22日の発表資料によると、HPはすでに発表している3万4000人に 加えて、新たに1万1000-1万6000人の人員を削減する。昨年10月末時 点の従業員数は31万7500人だった。

同社がこの日発表した2-4月(第2四半期)決算では、一部費用 を除く利益が1株当たり88セント、売上高は1%減の273億ドル(約2 兆8000億円)となった。ブルームバーグがまとめたデータによると、ア ナリストの予想平均は1株利益88セント、売上高274億ドルだった。

ホイットマン氏は2011年9月に創業75年のHPのCEOに就任して 以降、同社の成長回復に取り組んでいる。PCやプリンター、サーバー の需要は勢いを欠き、HPは年間ベースで3年連続の減収を記録するこ とになりそうだ。企業がインターネット経由のソフトを活用する中で、 法人向けコンピューターシステムのメーカーは需要の減少に直面してい る。

予定より早くニューヨーク株式市場の通常取引終了前に発表が行わ れたことを受けて、HPの株価は前日比2.3%安の31.78ドルで終了。時 間外取引でさらに1.9%下げた。年初来では14%上昇している。

2-4月期の純利益は前年同期比18%増の12億7000万ドル(1株当 たり66セント)。前年同期は10億8000万ドル(同55セント)だった。

5-7月(第3四半期)については一部費用を除く1株利益が86 -90セントになるとの見通しを示した。アナリストの予想平均は90セン ト。

原題:Hewlett-Packard Cutting More Jobs as CEO Revamps PC Maker (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE