欧州マーケットサマリー:株が続伸、スペイン債は反落

欧州の為替・株式・債券・商品相 場は次の通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.3650   1.3687
ドル/円            101.79   101.37
ユーロ/円          138.94   138.74


株              終値   前営業日比 変化率
ダウ欧州株600  341.02     +.68      +.2%
英FT100     6,820.56    -.48      .0%
独DAX      9,720.91   +23.04     +.2%
仏CAC40    4,478.21    +9.18     +.2%


債券          直近利回り 前営業日比
独国債2年物      .07%        -.02
独国債10年物     1.41%       -.02
英国債10年物     2.65%       +.01


商品                  直近値   前営業日比 変化率
金   現物午後値決め  1,298.50    +11.25    +.87%
原油 北海ブレント        110.42      -.13     -.12%

◎欧州株:続伸、米中の製造業指標を好感-デーリー・メールが高い

22日の欧州株式相場は続伸。米国と中国の製造業景気指数が予想を 上回ったことが注目された。

英メディアのデーリー・メール・アンド・ゼネラル・トラスト は8.9%の大幅高。同社が過半数株式を持つズープラ・プロパティー・ グループの新規株式公開(IPO)計画が好感された。オーストリアの ライファイゼン・バンク・インターナショナルは6%上昇。第1四半期 利益がアナリスト予想を上回った。一方、英郵便サービスのロイヤル・ メールは昨年のIPO以降で最大の値下がり。通期利益が予想に届かな かった。

ストックス欧州600指数は前日比0.2%高の341.02で終了。13日には 約6年ぶりの高値を付けていた。企業の合併・買収(M&A)が活発に なったほか、欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が、必要があれば6 月の政策決定会合で行動する用意があると発言したことが背景にある。

オフィ・ジェスチョン・プリべ(パリ)の運用担当者ジャック・ポ ルタ氏は「中国製造業のデータは朗報だ。とりわけ鉱山株などの欧州株 に好影響を及ぼすだろう」と発言。さらに、ユーロ圏の製造業景気指数 は予想を下回ったものの、かえって「ECBが近いうちに介入実施を余 儀なくされるという兆候を強める可能性がある。株式相場の下振れリス クは、ECBが6月に行動しないことだ」と語った。

英HSBCホールディングスとマークイット・エコノミクスがこの 日発表した5月の中国製造業購買担当者指数(PMI)速報値は49.7。 ブルームバーグ・ニュースがまとめた市場予想中央値は48.3だった。マ ークイットが同日発表した5月の米製造業景気指数は56.2と、4月 の55.4から上昇し、エコノミスト予想の55.5も上回った。別途発表され た5月のユーロ圏製造業景気指数は52.5と、4月の53.4から低下。エコ ノミストの予想中央値は53.2だった。

22日の西欧市場では18カ国中15カ国で主要株価指数が上昇。独 DAX指数と仏CAC40指数はそれぞれ0.2%上げた。

原題:European Stocks Climb Second Day as Daily Mail, Raiffeisen Jump(抜粋)

◎欧州債:スペイン国債下落、入札で応札倍率が低下-議会選挙も注目

22日の欧州債市場では、スペイン5年債と10年債が一時の上げを消 し反落。この日の国債入札で応札倍率が前回入札を下回ったことが背景 にある。欧州議会選挙で緊縮に反対する政党への支持が高まる可能性も 懸念された。

スペイン10年債利回りは7ベーシスポイント(bp、1bp =0.01%)低下する場面があったが、相場は最終的に下げた。この日の 入札で2019年償還債の応札倍率は1.91倍と、前回入札が行われた4月24 日の2.31倍を下回った。一方、ドイツ国債は上昇。同日発表の経済指標 で5月の同国サービス業活動の拡大が示されたが、ほとんど影響がなか った。フランス国債も値上がり。同国では今月のサービス業と製造業の 経済活動が予想に反して縮小した。

RIAキャピタル・マーケッツの債券ストラテジスト、ニック・ス タメンコビッチ氏(エディンバラ在勤)は「買いが続かず、投資家らが 欧州議会選挙を控えて不安になっているのは明らかだ」とし、「入札は 周辺国に対するセンチメントが現時点でいかに慎重かを反映している。 ユーロ圏経済はかなり精彩を欠いている」と述べた。

ロンドン時間午後4時28分現在、既発のスペイン5年債利回りは前 日比6ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の1.74%。一時 は5bp下げた。同国債(表面利率2.75%、2019年4月償還)価格 は0.31下げ104.71。

スペイン10年債利回りは3bp上げ3.05%。同年限のイタリア国債 利回りも3bp上昇し3.24%。一時は3.14%まで低下した。

ドイツ10年債利回りは1bp低下の1.41%。フランス10年債利回り は3bp下げて1.82%。

原題:Spanish Notes Drop as Demand Falls at Sale Before EU Elections(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE