コンテンツにスキップする

タイ・バーツ大幅安、国債保証コスト上昇-軍事クーデターで

22日の金融市場では、タイ軍部によ るクーデターを受けて、同国通貨バーツがドルに対して一時の上げを消 し約2週間ぶりの大幅安となったほか、同国債の保証コストも上昇し た。

ニューヨーク時間午前8時36分現在、バーツの対ドル相場は前日 比0.3%安の1ドル=32.569バーツ。クーデター発表前には0.2%上げて いた。クレディ・アグリコルとコモンウェルス銀行によれば、バーツは 数日以内に33バーツ前後まで下げる可能性がある。みずほ銀行は33.5バ ーツまでの下落を見込んでいる。

みずほ銀行のシニアエコノミスト、ビシュヌ・バラサン氏(シンガ ポール在勤)はインタビューで「クーデターは全くの予想外ではなかっ たが、不透明感からバーツが売りを浴びた」とし、「民主的な選挙の実 施時期、暫定政権の形態、さらに軍部が掌握した状態で政府にどのよう な権力が委ねられるのかといった問題が市場への重しとなるだろう」と 語った。

ブルームバーグがまとめたデータによれば、タイ国債の5年物クレ ジット・デフォルト・スワップ(CDS)スプレッドはロンドン時間午 後0時30分現在、3ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇 の133bp。流通市場でタイ国債の10年物利回りは2bp上げ3.79%で 取引されている。

プラユット陸軍司令官はこの日、国営テレビを通じ、「平和回復」 のため権力を掌握すると宣言。6カ月にわたる路上の抗議活動や暴力 で28人が死亡し、今月7日にはインラック前首相が失職した。

原題:Thai Baht Weakens as Credit-Default Swaps Climb After Army Coup(抜粋)

--取材協力:Anchalee Worrachate.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE