コンテンツにスキップする

タイ:軍部がクーデター、6カ月に及ぶ政治膠着後-憲法を停止

タイでは軍部のクーデターで陸軍司 令官が権力を掌握し、憲法が停止された。6カ月に及ぶ混乱で成長が鈍 化、政治が行き詰まる中で、1932年以降で12回目の軍事クーデターが発 生した。

戒厳令発令に際しクーデターではないと言明してから2日後の22 日、プラユット陸軍司令官は他の軍幹部らとともに国営テレビを通じ、 平和の回復のため権力を掌握すると宣言した。午後10時から翌朝午前5 時までの外出禁止令を全国に発令、政治的抗議行動も禁止した。

「この国に素早く平和を取り戻し、政治と経済、社会を改革するた め、陸・海・空のタイ軍および警察が、22日以降権力を掌握する」と同 司令官は述べた。「全国民は平静を保ち通常通り生活してほしい。政府 職員は規定に従い今まで通り職務を行う」と続けた。

数カ月にわたる街頭デモと混乱の末、憲法裁判所は今月7日、イン ラック首相が職権を乱用したとの判断を下し首相は失職した。クーデタ ーは短期的には市場を安心させる可能性はある。

米国は軍部の行動を批判し、タイへの軍事その他の支援を見直すと 表明した。ケリー米国務長官は「この軍事クーデターに正当性は何もな い」との声明を出した。

軍の介入は、インラック前首相の兄のタクシン元首相の支持層と反 対派の間で10年にわたって深まってきた政治の溝を埋められない公算 だ。

軍部と政治指導者らは危機打開のため、22日午後に会合を持った。 軍部は複数のトラックで、会合の行われた建物の出入り口を封鎖。反政 府指導者のステープ元副首相は近くの陸軍施設に移された。テレビは軍 のロゴを映し出し愛国的な音楽を流した。

政治指導者を拘束

首相府のショーン・ブーンプラコン顧問によれば、政府寄りグルー プの指導者らは拘束された。暫定政権は解消され、ニワットタムロン暫 定首相ら閣僚は出頭を命じられたと陸軍の副報道官が述べた。上院と独 立機関、裁判所は機能し続けるという。

クーデター発表後、通貨バーツは対ドルでの上げを失い、一時 の0.4%高から反落して0.1%安となった。クーデター発表前に取引が終 了していたタイ株式市場で指標のSET指数の22日終値は前日比0.2% 高の1405.21。

証券取引所では23日も通常通りの取引が行われる。タイ証券取引所 が発表した。タイ空港公社によれば、国内の空港も通常通りで、渡航制 限の発令はない。学校と大学は軍の命令で25日まで閉鎖される。

同じ東南アジアのシンガポール政府は「深い懸念」を表明。外務省 は電子メールで「暴力と流血」を避けることを呼び掛けた。

タイは1932年に専制君主制から立憲君主制に移行。それ以降の軍部 によるクーデターは今回が12回目だ。2006年以降にも3政権が軍や法的 手続きによって倒れている。

反政府派はタクシン元首相とインラック前首相の影響を払拭(ふっ しょく)するため、選挙で選ばれていない評議会が政権を担うことを求 めていた。一方、政府支持者はこれに反対しバンコクで抗議行動を起こ していた。

原題:Thai Army Stages Coup After a Six-Month Political Stalemate (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE