アジア株、3カ月ぶりの大幅高-予想上回る中国製造業指数で

アジア株式相場は反発。MSCI指 数がこの3カ月で最大の上昇となった。中国の製造業活動を測る民間の 指標が5カ月ぶりの高水準となったことが好感されている。銅などの工 業用金属やオーストラリア・ドルも高い。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午後2時15分現在、前日 比1.3%高。前日までは4営業日続落と、1月以降で最長の値下がりと なっていた。香港上場の中国本土株の指標であるハンセン中国企業株 (H株)指数が1.5%上昇していることや、鉄鉱石価格の反発を受けた 豪州株の値上がりが寄与している。米S&P500種株価指数の先物 は0.2%高。

英HSBCホールディングスとマークイット・エコノミクスが22日 発表した5月の中国製造業購買担当者指数(PMI)速報値は49.7と、 ブルームバーグ・ニュースがまとめた市場予想を上回り、中国経済が安 定化しつつある様子が示唆された。

銅は0.6%高。豪ドルは対米ドルで一時下落していたが、PMI発 表後、上昇に転じた。

原題:Asian Stocks Rally With Copper as China PMI Gains; Aussie Climbs(抜粋)

--取材協力:Jae Hur、Emma O’Brien.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE