コンテンツにスキップする

ブラジル、サッカーW杯で優勝なら株価に打撃-現政権存続で

ヘッジファンドの運用担当者、ルイ ス・カルバリョ氏は来月開幕するサッカーワールドカップ(W杯)で母 国ブラジルが負けることを願う気にはなれないが、そうしたくもなる。

カルバリョ氏によると、W杯で5回の優勝経験がある強豪ブラジル が敗北すれば、ルセフ大統領の再選にはマイナスに働き、投資家により 好意的な新政権が樹立される確率が高まる。ルセフ政権下のブラジル経 済は1992年以降のどの政権よりも悪い状況に陥った。

10月の大統領選挙を前にルセフ大統領の支持率が低下し始めている が、ブラジル株は弱気相場の底値から持ち直し、ドルベースでは3月中 旬以来世界で最高のリターンを記録している。

ツリー・キャピタル(ニューヨーク)のマネジングパートナー、カ ルバリョ氏は21日のインタビューで「W杯でブラジルの成績が悪けれ ば、新しい大統領が誕生するチャンスは高まる」と予想、「ルセフ大統 領にとって都合の悪いことはすべて市場にとっては好都合だ」と指摘し た。

同氏のような生粋のファンでさえブラジルチームが敗北した場合の プラス面を考慮することをいとわないことは、投資家が新たな政権を熱 望していることの表れだ。同国ではインフレ率が44カ月連続で目標を上 回っている。また昨年には、1日1.25ドル(約127円)以下で暮らす国 民が720万人に上るにもかかわらず、政府がW杯開催のために110億ドル を投じることに異議を唱える国民の抗議行動が起きた。

原題:Brazil World Cup Victory Risks Stock Losses in Boon to Rousseff(抜粋)

--取材協力:Anna Edgerton、Tariq Panja、Ney Hayashi、Denyse Godoy、Boris Korby、Raymond Colitt.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE