コンテンツにスキップする

豪州でボーキサイト輸出ブーム-インドネシア禁輸で中国向け

オーストラリアのボーキサイト探 査・生産会社オーストラリアン・ボーキサイトのイアン・レビー最高経 営責任者(CEO)は、中国向けに最も多くボーキサイトを供給してい たインドネシアが鉱石輸出を禁止したことにより、豪州の生産会社によ る供給が大幅に増えると予想している。ボーキサイトはアルミニウムの 原料となる。

世界最大の非鉄金属消費国である中国のボーキサイト輸入は、イン ドネシアが1月に鉱石輸出を禁止したことを受けて減少した。インドネ シアは国内製錬業への投資拡大を促すため鉱石輸出を制限した。インド ネシアによる供給は昨年、中国が購入したボーキサイトの68%を占めた ため、需要が拡大する中で減少分をどこが補うかが問題になると、レビ ー氏は指摘する。オーストラリアン・ボーキサイトは今年、最初の鉱山 の操業を開始する予定。

英豪系リオ・ティント・グループと豪英系BHPビリトンが保有す る複数の鉱山がある豪州は、既に世界最大のボーキサイト生産国。世界 2位の経済大国となった中国が石炭や銅などの輸入を増やしたため、豪 州の資源輸出は過去10年間に3倍に増加した。中国はインドネシアの鉱 石輸出禁止前に約1年分のボーキサイトを確保していたが、豪州政府の データによれば、豪州は既に生産を増やしており、ボーキサイト輸出は 過去最高水準に達している。

原題:China Bauxite Loss Spurs Export Boom for Australia: Commodities(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE