コンテンツにスキップする

米BOAは電子マーケットメーキング部門を廃止へ-関係者

米バンク・オブ・アメリカ( BOA)はメリルリンチのウェルスマネジメント部門向けに昨年創設し た電子マーケットメーキング(値付け)部門を廃止する。事情に詳しい 関係者2人が明らかにした。

情報が非公開であることを理由にこれら関係者が匿名で語ったとこ ろによると、米株式市場で当局の監視が強化され、利益相反の可能性が 懸念される中で同プロジェクトの打ち切りが決まった。同部門を統括す るために採用されたジョナサン・ワン、スティーブン・サドフ両氏は他 の部門への異動を検討するよう命じられたという。

テーミス・トレーディング(ニュージャージー州)の株式トレーデ ィング共同責任者ジョー・サルーツィ氏は同マーケットメーキング部門 について、「もはや収益性の高い事業ではなくなったか、近く行われる 規制当局による調査への対応を嫌ったかのどちらかだ」と説明した。

22兆ドル(約2230兆円)規模の米株式市場には米作家マイケル・ル イス氏が著書「フラッシュ・ボーイズ」でハイフリークエンシー(高頻 度)トレーダーの操作を指摘して以来、新たな調査が進められている。 米証券取引委員会(SEC)はルールの見直しを進めており、ニューヨ ーク州のシュナイダーマン司法長官は取引所や取引システムが高頻度ト レーダーに不当な便益を与えている可能性について調査に着手した。

サドフ氏とBOAの広報担当ケリー・マクヒュー氏はコメントを控 えた。ワン氏にもコメントを求める電話メッセージを残したが、これま でのところ返答はない。

原題:BofA Said to Close Market-Making Unit Amid Industry Scrutiny (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE