コンテンツにスキップする

NY外為:ドル上昇、日欧よりも米当局が先に利上げとの観測

21日のニューヨーク外国為替市場で はドルが続伸。米金融政策当局者は景気浮揚のためには刺激策が依然と して必要だとの見解を示したものの、日欧よりも先駆けて利上げに踏み 切るとの観測が広がった。

米連邦準備制度理事会(FRB)が公表した連邦公開市場委員会 (FOMC、4月29-30日開催)の議事録によれば、当局者は政策金利 の予想される道筋についてのガイダンスを改善する必要性について議論 した。会合ではまた、ゼロからの金利引き上げを決定した時に利用する 可能性のある手段について、FRBのスタッフがプレゼンテーションを 行った。

英ポンドは上昇。4月の小売売上高がエコノミスト予想を上回る伸 びを示したことが影響した。円は一時、対ドルで3カ月ぶり高値に上 昇。日本銀行は21日の金融政策決定会合で、政策方針の現状維持を全員 一致で決めた。

RBS・セキュリティーズの為替ストラテジスト、ブライアン・デ ンジャーフィールド氏は、「景気の長期的なファンダメンタルズ(基礎 的諸条件)や金利上昇への期待がすべてドルにとっては支援材料となっ た」と述べ、「ユーロは対ドルで下半期に下落し始めるだろう。欧州中 央銀行(ECB)は緩和策を講じるだろう」と続けた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ブルームバーグ・ドル・スポット 指数は0.1%上昇して1009.51。

ドルは対ユーロで0.1%高の1ユーロ=1.3687ドル。円は対ドルで ほぼ変わらずの1ドル=101円37銭。一時は2月5日以来の高値とな る100円82銭をつけた。円は対ユーロでほぼ変わらずの1ユーロ=138 円74銭。

英ポンド

ポンドは主要16通貨のうち14通貨に対して上昇した。4月の小売売 上高は前月比で3カ月連続で増えた。イングランド銀行(英中央銀行) が利上げに前向きになるとの観測が広がった。

英政府統計局(ONS)が発表した4月の小売売上高指数(燃料含 む)は前月比1.3%上昇。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノ ミストの予想中央値は0.4%上昇だった。3月の指数は前月比0.5%上昇 に上方修正された。

今月7、8両日に行われた英金融政策委員会(MPC)の議事録に よると、一部メンバーにとって政策決定が「より均衡のとれた」ものに なりつつあるとの認識が示されたが、利上げ開始の前には「スラック (たるみ)縮小の兆候がもっと」必要という点で全員が一致した。

ポンドは対ドルで5日続伸、0.4%高の1ポンド=1.6900ドル。

日銀会合

日銀は月7兆円程度の国債買い入れを継続する。ブルームバーグ・ ニュースがエコノミストを対象にした調査によると、44%が7月の追加 緩和を予測している。

日銀は会合後に発表した声明で、「基調的には緩やかな回復を続け ている」と述べ、「量的・質的金融緩和」は所期の効果を発揮している と続けた。

キャピタル・エコノミクスの日本担当エコノミスト、マーセル・テ ィエリアント氏(シンガポール在住)は、日銀が刺激策の効果を指摘し たのは初めてだと語った。

ブルームバーグのまとめたアナリスト調査(中央値)によると、年 末時点の円は対ドルで1ドル=108円に下落すると予測されている。

原題:Dollar Rises as FOMC Minutes Say Stimulus Won’t Spark Inflation(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE