コンテンツにスキップする

NY原油(21日):1カ月ぶり高値に上昇-在庫と輸入が減少

ニューヨーク原油先物相場は1カ月 ぶり高値に上昇。政府発表の先週の統計では在庫が減少し、輸入は17年 ぶり低水準となったことが示された。エネルギー省の在庫統計によれ ば、原油在庫は723万バレル減少した。

マニュライフ・アセット・マネジメント(ボストン)で石油・天然 ガス関連の債券ポートフォリオを運用するマネジングディレクター、ア ダム・ワイズ氏は「市場参加者は大幅な在庫減少に反応している」と し、「輸入は大きく減った。これは世界の市場が国内の供給状況の変化 に反応していることを示している」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・イ ンターミディエート(WTI)7月限は1.74ドル(1.7%)高の1バレ ル=104.07ドルで終了。終値としては4月21日以来の高値で、上昇率は 4月8日以来で最大。

原題:WTI Crude Climbs to One-Month High as Supplies, Imports Tumble(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE