コンテンツにスキップする

FOMC議事録:雇用促進への刺激策でもインフレリスクない

米連邦準備制度理事会(FRB) が21日公表した連邦公開市場委員会(FOMC、4月29-30日開催)の 議事録によれば、政策当局者らは失業率押し下げのため刺激策を続けて も、インフレ率の大幅上昇を招くリスクはないとの認識を示した。

議事録によると、インフレ率は目標の2%を大きく下回る状況が続 くと見込まれることから、委員会は「雇用とインフレの目標の間で矛盾 は抱えておらず、総需要が拡大すれば双方の目標において一層の進展が もたらされるだろう」と記された。

このほか政策金利の予想される道筋についてのガイダンスを改善す る必要性についても議論がなされた。会合ではまた、ゼロからの金利引 き上げを決定した時に利用する可能性のある手段について、FRBのス タッフがプレゼンテーションを行った。

議事録によればプレゼンテーションでスタッフは、短期政策金利の 操作で利用可能な手段として、翌日物リバースレポやターム物預金ファ シリティー、超過準備に対して支払う金利などを挙げた。資産売却には 触れなかった。

このほか参加者は、出口戦略について「早い段階でコミュニケーシ ョン」を行えば、「金融政策の透明性と信頼性を高められる」との考え で一致。また決定はされなかったものの、「参加者は概して、さまざま な手段をさらにテストすることに支持を表明した」と記された。

原題:Fed Sees No Inflation Risk in Stimulus to Spur Job Market (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE