ウクライナ:大統領選控え緊張緩和-ロシアの軍撤収表明で

ウクライナ情勢は一時の緊張状態か ら緩和した。ロシアのプーチン大統領は21日、今週末のウクライナ大統 領選挙の実施を助けるために軍をウクライナ国境付近から撤収すると表 明した。

プーチン大統領は訪問先の上海で記者団に対し、「政治的プロセス はどのようなものでも、武力対立より望ましい」と述べ、「天気が良け れば」米国などはロシア軍の撤収の証拠を確認できるだろうと述べた。

ウクライナ内務省のラリサ・ボルコバ報道官によれば、同国の富豪 リナト・アフメトフ氏が先週、衝突をやめるよう呼び掛けたことを受 け、分離派による暴力行為などの報告は半減した。アフメトフ氏は秩序 回復に向け、東部ドネツク州の自身が経営する工場の従業員などを中心 に非武装の自警団を設立するよう訴えた。

ウクライナ東部のドネツク、ルガンスク両州で騒乱が沈静化する 中、25日の大統領選が危機の焦点となりつつある。

ロシア国防省は、ロストフ、ベルゴロド、ブリャンスクの各州で演 習に参加していた兵士らは6月1日までにそれぞれが所属する基地に帰 還すると発表。兵士らは荷造りと送り返す貨物の積み込みに追われてい ると声明で説明した。

原題:Ukraine Tensions Ease Before Vote After Putin Troops Pledge (1)(抜粋)

--取材協力:Jonathan Stearns、Ilya Arkhipov.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE