コンテンツにスキップする

ロンドン外為:ドルが101円割れ、日銀が追加緩和見送り

ロンドン時間21日午前の外国為替市 場で円は上昇。ドルは101円を割り込んだ。日本銀行がこの日、政策決 定会合で追加緩和措置の見送りを決めたことで円が買われた。

この日は4月の米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事録公表を 控え、米国と日本の10年国債利回り格差が昨年10月以降の最小に近く、 これも円を買う材料となっている。

ロンドン時間午前8時56分現在、円は対ドルで0.4%高の1ドル =100円95銭。一時は2月5日以来の高値となる100円82銭を付けた。対 ユーロは0.3%高の1ユーロ=138円47銭。一時138円23銭まで上げた。 ユーロは対ドルで0.1%高の1ユーロ=1.3716ドル。

原題:Yen Rises to Three-Month High Versus Dollar on BOJ; Aussie Falls(抜粋)

--取材協力:大塚美佳、Mariko Ishikawa.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE