コンテンツにスキップする

ヴィトン、高級ブランド価値番付で9年連続首位

高級品の世界では製品数が少ないほ ど価値が高くなるようだ。

調査会社ミルウォード・ブラウンが21日発表したブランド価値調査 「2014年ブランドZ」によると、フランスのLVMHモエ・ヘネシー・ ルイ・ヴィトンや英バーバリー・グループなど世界の高級品メーカー上 位10社のブランド価値は16%増加し計1110億ドル(約11兆2300億円)と なった。各社は製品の遍在性よりも排他性を優先している。

LVMH傘下で最大かつ最も収益性の高いブランドである革製品メ ーカー、ルイ・ヴィトンのブランド価値が14%増加して259億ドルとな り、9年連続で首位。LVMHが株式の一部を保有し、「バーキン」な どのバッグを製造するフランスのエルメスのブランド価値は14%増 の218億ドルで2位。フランスのケラング傘下のグッチは27%増の161億 ドルで3位だった。

富裕層の買い物客が、より高級感が高いと感じるブランドへと移行 する中、ヴィトンなどのメーカーは高額でブランドのロゴの表示が少な い製品を導入するとともに販売網を縮小している。LVMHのファッシ ョン・革製品の1-3月(第1四半期)の売上高はここ2年で最大のペ ースで伸び、ヴィトンの改革が奏功していることが示唆された。

原題:Less Is More as Vuitton Stays Atop Luxury List in Brands Ranking(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE