【今日のチャート】LMEはクリスマスムード-中国の連休で

ロンドン金属取引所(LME)は早 くもクリスマスムードに包まれるようだ。中国の2大連休が取引の鈍化 につながり、年末の連休時期と同じ水準まで取引高が落ち込むようにな ってきたからだ。

今日のチャートは、LMEの過去5年間の銅の取引高を週間ベース で示している。指標金属である銅の取引高は、春節(旧正月)と中秋節 の期間中に過去1年間の平均を最大31%下回った。春節の連休は例年1 月下旬に始まって約1週間続き、中秋節は9月。2010年までは春節の期 間中の取引高の落ち込みは0.2-16%にとどまっていた。昨年のクリス マスに近い週には約40%減少した。

英スタンダードチャータード銀行の金属取引担当世界責任者、ジェ レミー・イースト氏は「中国が祝日に入ると世界が祝日モードになるよ うだ」と指摘。「中国が祝日になると市場の取引高と流動性が激減す る。市場に大きな影響を及ぼす」と語る。

英バークレイズの推計によると、世界最大の金属消費国である中国 は世界の銅需要の40%以上を占める。LMEによれば、同取引所の電子 取引全体の最大25%をアジアが占めている。

原題:Christmas Comes Early to LME on China Holidays: Chart of the Day(抜粋)

--取材協力:Sungwoo Park、Sarina Yoo.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE