コンテンツにスキップする

米上院:21日にフィッシャー次期FRB副議長指名承認で採決

米上院本会議は20日、フィッシャー 次期米連邦準備制度理事会(FRB)副議長の指名承認に向けた手続き 上の表決を行い、賛成多数で21日午後0時15分(日本時間22日午前1 時15分)頃からの採決実施が決まった。

この日の投票結果は賛成62、反対35。与党民主党のリード上院院内 総務によると、上院の指名承認規則の変更に不満を抱く野党共和党が、 フィッシャー氏の指名承認の採決をめぐり、あらためて手続き上の表決 を迫る可能性がある。しかし、民主党は最終的に同党単独でも同氏の就 任承認が可能だ。

リード院内総務は、ブレイナード、パウエル両氏のFRB理事指名 の承認に関しては、今週は採決のための時間がないと指摘。6月に入っ て「できる限り早急」に採決実施を目指すと記者団に語った。

フィッシャー、ブレイナード、パウエルの3氏とも4月29日に上院 銀行委員会で就任の承認を受けた。

原題:Fed Board Nominee Fischer Advances to Full Senate Vote Tomorrow(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE