ダドリーNY連銀総裁:長期的な金利見通しは低下している

米ニューヨーク連銀のダドリー総裁 は、投資家の長期的な金利見通しは低下しているとの認識を示した。

ダドリー総裁はニューヨークでの講演後の質疑応答で、「短期金利 の長期的な均衡水準について見解の見直しが進んでいる」と指摘した。

同総裁はまた、四半期ごとに公表される連邦公開市場委員会 (FOMC)当局者の金利予測に注意を払い過ぎるべきではないとも述 べた。

原題:Dudley Says Expectations for Rates in Long Term Are Declining(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE