コンテンツにスキップする

5月20日の欧州マーケットサマリー:イタリアとスペイン債続落

欧州の為替・株式・債券・商品相 場は次の通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.3693   1.3709
ドル/円            101.25   101.50
ユーロ/円          138.64   139.15


株              終値   前営業日比 変化率
ダウ欧州株600  338.32     -.19      -.1%
英FT100     6,802.00   -42.55     -.6%
独DAX      9,639.08   -20.31     -.2%
仏CAC40    4,452.35   -17.41     -.4%


債券          直近利回り 前営業日比
独国債2年物      .08%        -.01
独国債10年物     1.35%       +.01
英国債10年物     2.61%       +.02


商品                  直近値   前営業日比 変化率
金   現物午後値決め  1,295.50    -6.50     -.50%
原油 北海ブレント        109.82      +.45     +.41%

◎欧州株:ほぼ変わらず、約6年ぶりの高値付近-企業業績に注目

20日の欧州株式相場は前日からほぼ変わらずで、指標のストックス 欧州600指数は約6年ぶりの高値付近にとどまった。企業業績が注目さ れた。

英携帯電話サービスのボーダフォン・グループは約1年2カ月ぶり 安値に下落。今年度の減益見通しが嫌気された。ドイツの不動産会社、 ドイチェ・アニントン・イモビリエンは5.6%安。同社株12.5%を投資 家らが手放したことが売り材料。

一方、クルーズ運営会社カーニバルは5カ月ぶりの大幅高。オース トラリアで保有船を増やす計画を発表したほか、同社の投資判断をモル ガン・スタンレーが引き上げたことが手掛かりとなった。独ユナイテッ ド・インターネットは2010年8月以降で最大の値上がり。四半期売上高 がアナリスト予想を上回った。

ストックス欧州600指数は前日比0.1%未満安の338.32で終了。08年 1月以来の高値を付けた今月13日の水準まで1.1%となっている。

クーツ(ロンドン)のグローバル株式戦略部門の責任者、ジェーム ズ・バターフィル氏は「センチメントは明らかに全体的に改善しつつあ るが、業績が実際に上向いているかやマクロ経済が引き続き軌道に乗っ ているかに大きく左右されている」と発言。「欧州株はもはや安くない が、相対的に依然として魅力的であるのは確かだ。先行指標は企業利益 率の改善継続を示唆しており、当社は欧州株をまだオーバーウエートの ままにしている」と付け加えた。

ブルームバーグのデータによると、ストックス600指数の株価収益 率(PER、予想収益ベース)は15.1倍。5年平均の12.5倍を上回って いる。アナリストの試算では、指数構成銘柄の今年の1株当たり利益は 平均8.6%増が見込まれている。1月時点では14%増の予想だった。

20日の西欧市場では18カ国中11カ国で主要株価指数が下落。仏 CAC40指数は0.4%、独DAX指数が0.2%それぞれ下げたほか、英 FTSE100指数は0.6%安となった。

原題:European Stocks Little Changed Amid Earnings as Vodafone Slides(抜粋)

◎欧州債:イタリア10年債利回り、6週ぶり高水準に上昇-議会選挙控え

20日の欧州債市場ではイタリア国債が下落し、10年債利回りは約6 週間ぶりの高水準に達した。今週後半の欧州議会選挙で有権者が緊縮策 に反発するリスクに備える動きが強まった。

スペイン国債も続落。欧州中央銀行(ECB)の政策委員会メンバ ー、ノボトニー・オーストリア中銀総裁がマイナスの預金金利について 「まだ徹底的に議論する必要がある」と発言し、来月の会合後の追加緩 和をめぐる発表が失望を誘う内容となる可能性が高まった。ポルトガ ル10年債利回りは1カ月ぶり高水準に急上昇。今月早くには2006年以来 の低水準を付けていた。

ウニクレディト(ミラノ)のシニア債券ストラテジスト、ルカ・カ ツラーニ氏は「選挙はイベントリスクと見なされている」とし、「力強 いパフォーマンスのほか、最近の経済データへの失望、選挙結果をめぐ る不透明感が売り材料となっている」と語った。

ロンドン時間午後4時23分現在、イタリア10年債利回りは前日比11 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の3.25%。一時 は3.26%と、先月3日以来の高水準に達した。同国債(表面利 率4.5%、2024年3月償還)価格は0.92下げ110.60。

スペイン10年債利回りは8bp上げ3.09%、同年限のポルトガル国 債利回りは11bp上昇し3.97%。

ドイツ10年債利回りは1bp上昇し1.36%、フランス10年債利回り は2bp上げ1.84%となった。

原題:Italian Bonds Extend Decline as Risks Build for Peripheral Debt(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE