コンテンツにスキップする

新興市場株が下落、ガスプロム急落-タイやドバイ大幅安

20日の新興市場の株式相場は下落。 ロシアのガスプロムが売られたほか、政治的混乱によりタイ株も大きく 下げた。ドバイ株の下落率は世界最大となった。

MSCI新興市場指数はロンドン時間午後2時11分現在、前日 比0.3%安の1032.32。一時は半年ぶり高値を付けた。ガスプロム は2.3%下落。前日までは少なくとも2006年以降で最長の連続高となっ ていた。ロシアのプーチン大統領が天然ガス輸出で中国と合意できなか ったことが手掛かり。タイ空港公社は3.6%安と、1月以来の大幅な下 落率。タイの株価指標であるSET指数も下げた。陸軍による戒厳令発 令に反応した。

ドバイ株の指標、ドバイ金融市場総合指数は4.1%安。今年に入っ てからの上昇は行き過ぎとの見方が広がった。MSCIが指数構成国の 市場分類でアラブ首長国連邦を「新興市場国」に格上げしたことを受 け、同指数は年初以降38%上昇していた。

原題:Emerging Stocks Drop as Gazprom Slumps With Thailand, Indonesia(抜粋)

--取材協力:Zahra Hankir.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE