コンテンツにスキップする

JPモルガンのロンドン本部から転落死の行員は自殺-検視官

1月に米銀JPモルガン・チェース のロンドン本部である33階建のビルから転落して死亡した技術系行員の ガブリエル・マギー氏の死は自殺だったと、検視官が結論付けた。

39歳だったマギー氏は2004年から、法人・投資銀行の技術サポート 部門でコンピュータープログラマーとして勤務していた。メアリー・ハ ッセル検視官はこの日ロンドンでの審問で、故人の女友達や職場の同 僚、セラピスト、警察官、他のJPモルガン行員などからの証言を聞い た。審問にはマギー氏の父ら家族も出席した。

マギー氏の検視審問はロンドンでの銀行従業員の死をめぐるものと してこの半年で3件目。米銀バンク・オブ・アメリカ(BOA)のロン ドン支店でインターンをしていたモーリッツ・エアハルト氏(当時21) の検視審問が昨年11月に行われたほか、ロンドンの自宅で死亡している のが見つかったドイツ銀行の元リスク担当幹部ウィリアム・ブルックシ ュミット氏についての審問が今年3月に行われた。

この日の審問で、マギー氏の上司だったアンドルー・ハーディング 氏は、マギー氏が死亡する1年前から仕事で悩んでいたと証言。JPモ ルガンの欧州・中東・アフリカの調査責任者、ジョナサン・シャットフ ォード氏によれば、マギー氏のコンピューターの上にはビルから飛び降 りることに触れたメモが残されていた。

JPモルガンは電子メールで、マギー氏の「家族と友人に心からお 悔やみを申し上げる。われわれの同僚とマギー氏の親しい人々を支える ことに力を注ぐ」とコメントした。

シャットフォード氏によれば、マギー氏が立ち入り禁止の屋上エリ アに入るところが監視カメラで事件の日より前に少なくとも2回捉えら れていた。マギー氏の父のウィリアム氏はオフィスの警備体制が不十分 だったとして「JPモルガンが責任を怠ったことが私の息子の命を奪っ た恐れがある」とのコメントを発表した。

原題:JPMorgan Tech Worker Magee’s Death Was Suicide, Coroner Says (1)(抜粋)

--取材協力:Richard Partington.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE