米ツイッター、音楽関連の新興企業買収などで協議-関係者

簡易ブログ運営の米ツイッターは音 楽関連の新興企業数社と買収ないしは提携に向けた協議に入っている。 利用者の伸びを加速させるのが目的。事情を知る複数の関係者が、非公 開の情報だとして匿名を条件に明らかにした。

関係者の1人によると、買収の検討対象はベルリンに本社を置く音 楽共有ソフト会社サウンドクラウドだが、交渉が決裂する可能性も残っ ている。演奏中の音楽を認識するソフトウエアを手掛ける米サウンドハ ウンドなどとも提携を協議しているという。

1-3月のツイッター利用者数は前年同期比25%増の2億5500万人 と、伸び率は昨年10-12月の30%から低下した。

ツイッター広報担当のウィル・スティクニー氏はコメントを避け た。サウンドクラウド広報のクリスティーナ・ワイス氏にも電話でコメ ントを求めたが返答はない。サウンドクラウド買収交渉についてはウェ ブサイトの「re/code(リコード)」が19日、先に伝えていた。

--取材協力:Adam Satariano.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE