コンテンツにスキップする

豪州の「AAA」格付けに差し迫ったリスクない-S&P

オーストラリアの連立政権は先週公 表した予算案で「慎重な財政」運営を行う方針を示しており、同国の最 上級格付けがすぐに変更されるリスクはないと、スタンダード・アン ド・プアーズ(S&P)が指摘した。

同社のアナリスト、クレイグ・マイケルズ氏が電話取材で語ったと ころによると、格付け見通し(アウトルック)が「ステーブル(安定 的)」の同国の「AAA」格付けは、向こう数年間に格付けが変更され る確率が約30%未満であることを意味する。小さな政府を目指し財政黒 字に道筋をつけたいアボット政権は13日、海外支援や福祉、公共サービ スに充てる予算を削減することなどを盛り込んだ予算案を公表した。

マイケルズ氏は「格付けに差し迫ったリスクはない」とした上で 「政府は慎重な財政運営にコミットしており、先週の予算案はそれを反 映したものだとわれわれは受け止めている」と説明した。

原題:S&P Says No Immediate Risk to Australia’s AAA Credit Rating(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE