コンテンツにスキップする

米GEがアルストムの部門買収で提携模索へ、仏政府承認狙う

フランスのアルストムのエネルギー 事業に対する170億ドル(約1兆7200億円)の買収案について仏政府か らの承認確保を目指す米ゼネラル・エレクトリック(GE)は、資産売 却や提携に関して原子炉メーカーのアレバなど仏企業と初期段階の協議 に入っている。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

詳細情報は部外秘だとして関係者が匿名を条件に語ったところによ れば、GEは買収完了に向けて資産売却が必要かどうかを判断するため 仏政府の指示を待っている。原子力や風力タービンなどの分野での合弁 といった譲歩案を模索しながら、どのような措置で仏政府の態度を軟化 させられるか見極めたい考えだという。

GEのジェフリー・イメルト最高経営責任者(CEO)は4月29日 にオランド仏大統領に宛てた書簡で、フランスの原子力産業の特徴を尊 重し、エネルギーと鉄道設備分野で現地企業との提携を検討する考え表 明した。フランスは先週、外国企業による国内企業買収を阻止できる権 限を強化しており、GEのアルストム部門買収の行方にリスクが高まっ ている。

原題:GE Said to Seek Partners on Alstom Assets to Appease France (3)(抜粋)

--取材協力:Alex Webb、Jeffrey McCracken、Francois de Beaupuy.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE