コンテンツにスキップする

【今日のチャート】インド政権交代で株上昇、中国株引き離す

中国は株式相場でインドに追いつく 絶好のチャンスを逸したようだ。

今日のチャート(上段)は、インドのセンセックス指数(白線)が この10年間に387%高となり、上昇率が上海総合指数(赤線)の約13倍 に達していることを示す。ただ、2005年以降でインドの成長率(緑線) が中国(紫線)を上回ったのは1四半期だけだった(下段チャート)。

中国株強気派は同国の一党独裁制がインドの民主主義より効率的な 資本配分と高い成長をもたらしてきたと主張するが、インドの総選挙で ナレンドラ・モディ氏を首相候補とするインド人民党が同国の単一政党 としては30年ぶりの大勝利を収めたことで、中国のそうした優位性は相 対的に低下する可能性がある。センセックス指数は19日、新政権下で投 資の迅速化と成長てこ入れが期待できるとの見方から過去最高値に上 昇。一方、上海総合指数は今年に入り5.2%下落している。

資産運用会社アッシュバートンのアジア株スペシャリスト、ジョナ サン・シースル氏はチャンネル諸島から取材に応じ、「インドはモディ 氏の下でこれまでに比べ若干中国式に統治されるようになるとの観測に 対し、市場がOKサインを出している」と指摘した。

原題:China Loses as Modi Victory Lifts India Stocks: Chart of the Day(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE