コンテンツにスキップする

米最大の自動車相乗りプログラム、仏資産家がスタートへ

フランスの資産家、バンサン・ボロ レ氏が、米国で最大の電気自動車(EV)相乗りプログラムを創設する 見通しだ。自身が率いる複合企業ボロレ・グループが提供する最新のバ ッテリーとサービスを売り込むのが狙い。

ボロレ氏が会長を務める持ち株会社ボロレ・グループが19日発表し た資料によると、同社は約3500万ドル(約35億5000万円)を投じ、イン ディアナ州インディアナポリスで「ブルーインディ・サービス」を開始 する予定。同氏は電話インタビューで、プログラムは8カ月以内にスタ ートし、ボロレの「ブルーカー」最大500台と充電所1000カ所を利用す ることを明らかにした。

ボロレ氏は「米国の中規模都市でスタートするのが適切だと考え た。電気自動車が将来の最良の解決策であることを示したい」と語っ た。ボロレ・グループは同様のプログラムをフランスで実施している。

ボロレ・グループは電気自動車に自社製のリチウムポリマーバッテ リーを使用。ガソリン車に代わる大気汚染度の低い自動車へのアクセス を望む米国のドライバーからの需要を期待している。利用者は一時間最 低10ドルで電気自動車をレンタルできる。

原題:Billionaire Bollore Brings Battery Car-Share Program to U.S.(抜粋)

--取材協力:Mathieu Rosemain.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE