NY原油(19日):4週ぶり高値-クッシングの在庫減少観測

ニューヨーク原油先物相場は4週ぶ り高値に上昇。米石油受け渡し拠点であるオクラホマ州クッシングの在 庫が、ここ16週間で15回目の減少になるとの見通しが背景にある。

シティ・フューチャーズ・パースペクティブ(ニューヨーク)のエ ネルギーアナリスト、ティム・エバンス氏は「クッシングの在庫は約5 年ぶり低水準となっており、今後も減少が続く可能性がある。6月限の 取引はあす20日が最終日で、価格下落を見込んでいた投資家は時間切れ となることからショートカバーが発生する可能性がある」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・イ ンターミディエート(WTI)6月限は前週末比59セント(0.6%)高 の1バレル=102.61ドル。終値としては4月21日以来の高値。6月限は あす20日が取引最終日。中心限月となった7月限は53セント(0.5%) 上げて102.11ドル。

原題:WTI Climbs to Four Week-High on Cushing Supply; Brent Near $110(抜粋)

--取材協力:Grant Smith.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE