コンテンツにスキップする

マンU:ファンハール蘭代表監督が新指揮官に-チーム再建へ

英プロサッカー、イングランド・プ レミアリーグの名門チーム、マンチェスター・ユナイテッド(マンU) は19日、デービッド・モイズ監督の後任に現在オランダ代表を率いるル イ・ファンハール監督を指名した。国内リーグ戦で過去20回の優勝を果 たしているマンUは今季の低迷から立て直しを図る。

マンUの発表資料によれば、ファンハール氏(62)の契約期間は3 年。現在はワールドカップ(W杯)ブラジル大会に向けた準備を進めて いる。モイズ監督が事実上解任された後、選手兼暫定監督として残り4 試合の指揮を執っていたライアン・ギグスは19日に引退し、アシスタン トマネージャーに就く。マンUには日本代表の香川真司が所属してい る。

ファンハール氏は選手生活の大半をスパルタ・ロッテルダムで過ご した。オランダのアヤックスやスペインのバルセロナ、ドイツのバイエ ルン・ミュンヘンを率いた経験があり、アヤックス時代の1995年には欧 州チャンピオンズリーグ(CL)で優勝を遂げた。

26年間で38のトロフィーをもたらしたアレックス・ファーガソン元 監督が昨年5月に勇退したことに伴い、モイズ氏が監督となったもの の、成績不振から今年4月22日に解任された。戦績は34戦11敗と、昨シ ーズンの優勝から7位に転落。ここ19年で初めて来シーズンのチャンピ オンズリーグ出場権を失った結果、マンUは財務上大きな損失を被るこ とになる。エド・ウッドワード副会長は今月15日の電話会議で、損失額 は「3000万ポンド台半ば」となることを明らかにした。

原題:Manchester Utd. Names Van Gaal Manager as Club Seeks Revival (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE