コンテンツにスキップする

露メケル:プロシェンコCFOが辞任-通期は過去最大の赤字

ロシアの金属・鉱山会社メケルのス タニスラフ・プロシェンコ最高財務責任者(CFO)が辞任した。同氏 は7年間CFOを務めていた。メケルはロシアで最も債務の多い鉱山会 社の一つ。

メケルの19日発表によれば、アンドレイ・スリフシェンコ氏が新た にCFOに就任する。

メケルは先週、2013年通期の決算を発表。純損失は29億ドル (約2930億円)に拡大し、通期として過去最大の赤字となった。価格下 落や20億ドル超の評価損計上が響いた。

原題:Mechel CFO Ploschenko Steps Down After 7 Years at Russian Miner(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE