コンテンツにスキップする

ウォール街のウルフ、今年1億ドル収入目指す-被害者に弁済へ

回想録「ウルフ・オブ・ウォールス トリート」がマーティン・スコセッシ監督によって映画化された元株式 ブローカーのジョーダン・ベルフォート氏。同氏の今年の収入はブロー カー時代の最良の年を上回り、自らが働いた詐欺行為の被害者らへの弁 済を完了できる見込みだ。

同氏は19日ドバイでの会議で「今年はブローカーとして最高に稼い だ年を上回る収入がある見込みだ。目標は1億ドル(約101億円)以上 なので、今年は被害者全員に返済できる見込みだ」と語った。

現在は啓発セミナーなどの講演者として生計を立てるベルフォート 氏は、米国の45都市での講演ツアーからの収入を使い投資家に約5000万 ドルを返済するつもりだという。

同氏は1990年代のマネーロンダリング(資金洗浄)と証券詐欺で有 罪になり22カ月服役した。同氏の会社、ストラットン・オークモントは 投資家を欺き2億ドル以上の損失を負わせた。

「6カ月間の米国ツアーの利益を全てエスクロー勘定に置いてき た。これが投資家に返済される」と述べ、「全員に返済が済めば私の気 持ちは大変に楽になるだろう」と語った。

米証券取引委員会(SEC)は1998年にストラットン・オークモン トを閉鎖。ベルフォート氏は03年に有罪となり禁錮4年の判決を受け た。政府は1億1040万ドルの被害者救済基金にベルフォート氏が収入の 半分を拠出することを命じた。

同氏はこの日のインタビューで、「私は強欲になっていた。強欲は 良くない。野心はいいし情熱はいい。情熱は繁栄をもたらす。私の目標 は、自分が得た以上のものを与えることだ。それが持続的な成功の形 だ」と語った。

原題:Wolf of Wall Street Belfort Is Aiming for $100 Million Pay (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE