コンテンツにスキップする

ドイツ銀は大手投資銀である野心を確認、訴訟が焦点に-UBS

ドイツ銀行がカタールの王族からの 出資を含め80億ユーロ(約1兆1100億円)の増資を行う発表について、 UBSはバランスシートの健全性は確実になるとした上で、今後はビジ ネスモデルと負の遺産である訴訟問題が焦点になるだろうと指摘した。

UBSはドイツ銀が世界の大手投資銀行の一つであり続ける野心を 確認したとし、英バークレイズの最近の動きと対照的だと指摘。ドイツ 銀に関して強気派は、欧州の銀行の中で世界的に事業展開する最後の1 行として恩恵を受ける可能性に期待するだろうとしている。

一方、弱気派は今回の増資で調達した資金のどの程度が過去の問題 の処理や訴訟費用に費やされるかを注視するだろうとの見方を示した。

原題:Deutsche Bank Ends Capital Debate; UBS Says Neutral, Citi Buy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE