ドイツ銀:債券事業でシェア拡大へ-1兆1100億円増資

ドイツ銀行は債券事業でのシェア拡 大を視野に80億ユーロ(約1兆1100億円)規模の増資を実施する。トレ ーディング収入が落ち込む中、英バークレイズなどライバル行が同事業 で退却を余儀なくされている好機を捉える考えだ。

アンシュー・ジェイン共同最高経営責任者(CEO)は19日、アナ リストとの電話会議で「債券事業がなくなるかって?そんなことはな い」と語った。「発行体と投資家が、当行が作り出す商品を必要として いるかと言えば、答えは絶対にイエスだ」と述べた。

ドイツ銀は約6000万株をカタールの王族の投資ファンドに売却し17 億5000万ユーロを調達した。同行が18日夜明らかにした。6月に株主割 り当て増資を実施し、さらに63億ユーロを調達する計画だ。

ジェインCEOはドイツ銀について「欧州に唯一残っているグロー バルな銀行だ」とし、フルサービスを提供する投資銀行であり続ける方 針を再確認した。バークレイズは今月、投資銀行部門で2016年まで に7000人を削減し事業を米英に集中させ顧客を減らす方針を打ち出し た。スイスのUBSは債券トレーディング事業の大半から撤退し、ウェ ルスマネジメントに集中している。

メディオバンカのアナリスト、クリストファー・ウィーラー氏はブ ルームバーグテレビジョンとのインタビューで、増資はドイツ銀が投資 銀行事業の「大半にとどまりシェアを伸ばすことを可能にする。競合他 社は明らかに退却しているからだ」と述べた。

フランクフルト時間午後3時29分現在、ドイツ銀株は前週末 比2.6%安の29.93ユーロ。

一方でバンク・オブ・アメリカ(BOA)はドイツ銀株の投資判断 を「アンダーパフォーム」とし、「ニュートラル」から引き下げた。ア ナリストのマイケル・ヘルスビー、アリステア・ライアン両氏はリポー トで、増資は「資本不足を埋めるだけ」で、収入の見通しは依然として 厳しいと指摘した。

シュテファン・クラウス最高財務責任者(CFO)はアナリストと の電話会議で、増資は訴訟費用の増大を見込んだものではないと言明。 見通しは依然厳しいとも述べたものの、近い将来の大規模な法務コスト 発生は想定していないと語った。

原題:Deutsche Bank Bets on Debt Unit With $11 Billion Fundraising(抜粋)

--取材協力:Angela Cullen、Elisa Martinuzzi、Nicholas Comfort、Shane Strowmatt.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE