コンテンツにスキップする

ポスコ:16年連結営業利益、昨年比67%増目指す-中核事業集中

韓国最大の製鉄会社ポスコは19 日、2016年の営業利益を昨年比で67%増とする目標を明らかにした。同 社は中核事業に焦点を絞っている。

同社の規制当局への届け出によれば、グループ全体の2016年営業利 益目標を5兆ウォン(約5000億円)とする。昨年の実績は3兆ウォン。 売上高は26%増の77兆8000億ウォンを見込むという。

今年1-3月(第1四半期)に75%減益となった同社は届け出で、 非中核事業の売却を検討し、関連会社の持ち分売却あるいは新規株式公 開(IPO)を模索する方針を示した。ポスコは先月、さまざまな措置 を検討しているとした上で、具体的な詳細決定はないことを明らかにし た。

単独ベースでは、16年に営業利益3兆ウォン、売上高32兆5000億ウ ォンを目指す。

原題:Posco Targets 67% Increase in Group Operating Profit in 2016(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE