コンテンツにスキップする

NY外為:円が対ドルで3カ月ぶり高値、世界的な成長低迷で

19日のニューヨーク外国為替市場で 円は一時、対ドルで3カ月ぶり高値に上昇した。世界経済の成長が引き 続き低迷するとの懸念から安全資産への需要が高まった。

円はほぼ変わらず。世界の為替市場のボラティリティーがほぼ2007 年以来の低水準に下げたことが影響した。インド・ルピーは対ドルで11 カ月ぶり高値に上昇。総選挙の結果が同国への信頼感を高めた。

ソシエテ・ジェネラルのシニア通貨ストラテジスト、セバスチャ ン・ゲーリー氏は、「ドル・円相場の変動はこれまでの水準からやや下 げた」と述べ、「経済成長やインフレの欠如がある程度影響している」 と続けた。

ニューヨーク時間午後5時現在、円は対ドルでほぼ変わらずの1ド ル=101円50銭。一時は2月5日以来の高値となる101円10銭をつけた。 円は対ユーロで0.1%安の1ユーロ=139円15銭。一時は138円67銭と、 2月7日以来の高水準となった。ユーロは対ドルで0.1%上昇して1ユ ーロ=1.3709ドル。

グローバルFXボラティリティー指数

JPモルガン・チェースのグローバルFXボラティリティー指数 は6.33%に低下。5月9日は6.21%と、2007年7月9日以来の低水準を 記録していた。

欧州中央銀行(ECB)のメルシュ理事が「われわれには金融政策 をさらに緩和的にするツールがある」と述べ、ECBが6月に行動する 可能性が著しく高まったと述べると、ユーロは一時上げ幅を縮小した。

円は一時、主要16通貨の大半に対して上昇した。日米10年債の利回 り格差は1.95ポイント。5月15日には1.89ポイントと、終値ベースで昨 年10月以来の最低をつけた。

米連邦準備制度理事会(FRB)は今月21日に連邦公開市場委員会 (FOMC、4月29-30日開催)の議事録を発表する。前回会合で FOMCは資産購入額を月450億ドルにする方針を発表。昨年12月に縮 小を開始した際は月間850億ドルを購入していた。21日にはイエレン FRB議長の講演が予定されている。

ブルームバーグ米ドル指数は1007.78でほぼ変わらず。5月15日に は1011.43に上昇していた。

インド・ルピーの上昇

ナレンドラ・モディ氏を首相候補とするインド人民党 (BJP) が下院545議席のうち282議席を確保した。政権を担うのに必要な議席 は272議席だった。BJPの勝利でインドでは1984年以来となる単独政 権が誕生する。

ブルームバーグが現地銀行から入手した価格をまとめたところによ ると、インド・ルピーは対ドルで0.3%高の1ドル=58.5950ルピー。一 時は58.3750ルピーと、昨年6月18日以来の高値をつけた。

原題:Yen Reaches 3-Month High on Economic Concern; Rupee Strengthens(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE