コンテンツにスキップする

インド株の主役交代、モディ氏勝利で3-5年は強気相場とも

インド株の投資家は新しい指導者が 登場すべき時だと考えていた。少なくともその点ではインドの有権者と 思いを共にしていた。

インド総選挙の開票が16日に行われ、ナレンドラ・モディ氏を首相 候補とする野党連合が大勝した。これを受けてインド株式市場で最大の 上昇を記録したのは、経済が強くなることで最も恩恵を受ける可能性の ある銘柄だった。過去3年ほどは医薬品や生活必需品のメーカーなどの ディフェンシブ銘柄が好まれていた。

株式市場の主役交代は、モディ氏(63)が州首相としてグジャラー ト州で成功させた経済運営を国政レベルでも実現するとの期待の高まり を浮き彫りにした。

マッコーリー・キャピタル・セキュリティーズ・インディアのラケ シュ・アロラ氏はこれまで、たばこメーカーのITCを勧めていたが、 インドステイト銀行に乗り換えるよう投資家に助言している。同氏は昨 年、インド株の指標であるセンセックス指数を最も正確に予想した。 CLSAアジアパシフィック・マーケッツは発電所や高速道路の建設を 手掛けるジャイプラカシュ・アソシエーツをインド市場で最も選好する 銘柄の一つに挙げた。

IIFLウェルスマネジメントのディレクター、シシル・バジパイ 氏は電話取材に対し、「向こう3-5年は強気相場となるだろう。銀行 や公益株、工業株のパフォーマンス向上が予想されるので、こうした銘 柄に注目していく」と述べた。

原題:India Gets New Stock Leaders as Banks Top Cigarettes on Modi (2)(抜粋)

--取材協力:Kartik Goyal、Dick Schumacher、Kartikay Mehrotra、Ye Xie.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE