コンテンツにスキップする

シンガポール市場の鉄鉱石先物、初の100ドル割れ-需要鈍化で

シンガポール市場の鉄鉱石先物価格 が昨年の取引開始以降で初めて1トン当たり100ドルを割り込んだ。世 界最大の消費国である中国の需要が鈍化し、海上輸送による世界の供給 が一段と過剰になるとの懸念が広がっていることが要因。

シンガポール取引所の鉄鉱石先物7月限は前週末比1.1%安の1ト ン当たり97.90ドルと、昨年4月以降で最安値を付けた。

米ゴールドマン・サックス・グループによると、オーストラリアと ブラジルの輸出の増加を背景に、世界の鉄鉱石の海上輸送による供給の 過剰分は昨年の1400万トンから今年は7700万トンに、来年は1億4500万 トンに増加すると予想される。

原題:Iron Ore Futures on SGX Trade Below $100 First Time Since 2013(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE