コンテンツにスキップする

香港株:下落、本土不動産株が安い-住宅価格の伸び鈍化で

香港株式相場は下落。中国の住宅価 格の伸びが鈍化したことで本土不動産株が売られた。ハンセン指数は先 週、週間ベースで昨年9月以来の大幅高を記録していた。

香港に上場している中国本土の不動産会社で時価総額2位のチャイ ナ・リソーシズランド(華潤置地、1109 HK)は1.2%安。中信証券 (6030 HK)は3.2%安。投資商品への損失絡みのエクスポージャーが拡 大したことを親会社が明らかにした。

売り上げの73%を北米で稼ぐ電動工具メーカーのテクトロニック・ インダストリーズ(創科実業、669 HK)は米ホーム・デポの決算発表を 控え4.8%安。

ハンセン指数は前週末比8.41ポイント安の22704.50で終了。騰落比 率は下落約2銘柄に対し上昇1銘柄。先週は週間ベースで3.9%上昇し ていた。ハンセン中国企業株(H株)指数は前週末比0.4%安 の9915.29。先週は2.8%上げていた。

岡三証券グループの忍足真理ストラテジスト(香港在勤)は、香港 株の上値は限定的だと指摘し、投資家は中国の景気や不動産市場の減速 をめぐる懸念を払拭(ふっしょく)できないとの見方を示した。

原題:Most Hong Kong Stocks Drop After Biggest Weekly Gain Since Sept.(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE