コンテンツにスキップする

世界の大手投資銀10行の商品部門収入、1-3月に26%増加

世界の大手投資銀行10行の商品部門 の収入が、1-3月(第1四半期)に2年ぶりの高水準に増加したこと が、分析会社コーリション(ロンドン)の調べで明らかになった。米 JPモルガン・チェースや英バークレイズなどは商品事業を縮小してい る。

コーリションが19日発表したリポートによると、米ゴールドマン・ サックス・グループやモルガン・スタンレーなど主要行10行の商品部門 の収入は26%増加して計18億ドル(約1800億円)と、2012年1-3月以 来の高水準に達した。金利や新興市場など他部門の収入は減少し、商品 部門だけが増加した。

コーリションは「冬季に北米が寒波に見舞われたため変動性が生 じ、米国の電力と天然ガス関連収入にプラスとなった」と指摘。「さら に、顧客の活動水準が幾分改善したことから投資商品のパフォーマンス が非常に低い水準から回復した」と説明した。

原題:10 Biggest Banks’ Commodities Revenue Rises 26% Amid Pullback(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE