コンテンツにスキップする

サッカー観戦のお供にピーナツ-W杯で売り上げ増に期待高まる

6月に開幕するサッカーワールドカ ップ(W杯)を前に、ブラジルのピーナツ業界は大勢の観光客の訪問を 期待している。また、同国ではビールを片手にピーナツをつまみながら 試合を観戦するのが定番で、売り上げが増加すると予想されている。

ピーナツ需要は通常、W杯開催期間中に増加するが、今回は地元で 開催されるために一段と伸びると業界は予測している。カカオ豆・チョ コレート・ピーナツ・キャンディー製造業者協会のバイスプレジデン ト、アンドレ・ゲデス氏は、ピーナツの売り上げが昨年6-7月と比較 して最大30%増加する可能性があるとみている。2010年のW杯の開催期 間中には約24%増えた。

「ブラジル人の66%が、スポーツ観戦を含め祝賀ムードの時にピー ナツを食べるという調査結果がある。超過需要に対応するため各社は投 資している」。ゲデス氏はリオデジャネイロからの電話インタビューで そう語る。

ブラジル代表チームのルイスフェリペ・スコラリ監督はサンパウロ を拠点とするクラブチーム、SEパルメイラスの監督時代に自身の決定 を頻繁に批判するファンのグループを「ピーナツ・ギャラリー」と呼ん でいた。

新たな「ピーナツ・ギャラリー」はブラジルチームを応援するとゲ デス氏は話す。「彼らの成功はわれわれにとっても重要だ。一丸となっ て応援するだろう」と語った。

原題:World Cup ‘Peanut Gallery’ Boosts Sales of Favorite Brazil Snack(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE