コンテンツにスキップする

スイス国民投票、世界で最高水準の法定最低賃金導入を否決

スイスで18日実施された国民投票 で、有権者は世界で最高水準となる法定最低賃金の導入を否決した。

スイス政府によれば、時給22スイス・フラン(約2500円)の最低賃 金導入への反対票が76.3%を占めた。gfs・ドット・ベルンなどの世 論調査でも否決が予想されていた。スウェーデン・サーブが製造する戦 闘機「グリペン」の31億スイス・フランでの購入も否決された。

原題:Swiss Reject World’s Highest Minimum Wage, Gripen Purchase (1)(抜粋)

--取材協力:Albertina Torsoli、Niclas Rolander、Niklas Magnusson.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE