コンテンツにスキップする

【今日のチャート】急落のニッケルは買いの好機-米シティ

米シティグループは、2日間として は2011年以降で最大の下落率を先週記録したニッケルについて、買いの 好機だと指摘する。ニッケルの年初来パフォーマンスは、依然として金 属の中で最高となっている。

今日のチャートは、ニッケル価格が14、15日の2日間で11%下落し たものの、年初来上昇率が依然として37%となっていることを示す。 S&P・GSCI指数を構成する商品24品目のうちニッケルを上回る上 昇率を示しているのはコーヒー生豆と豚赤身肉のみ。ニッケル価格は先 週、一時1トン当たり1万8090ドルまで下落した。シティグループは9 日、ニッケル価格が5月末と6月初めにかけて軟化する可能性があり、 1万8500ドルに向かって下げれば買いに適した水準との見方を示した。

最大の採掘国であるインドネシアが1月に鉱石輸出を禁止したこと を受け、ニッケル価格は2年ぶりの高値に達した。

ドイツ銀行(ロンドン)のアナリスト、ロバート・クリフォード氏 は「インドネシア以外の地域でも供給面の問題があるが、最も重要な要 因はインドネシアによる禁輸だ。向こう数年間に2万1000ドルを大幅に 上回るのは確実だと思う」と予想。ただ、価格の変動性も非常に高くな るとして、一直線に上昇していくことはないだろうと付け加えた。

原題:Nickel Is Best Even After Worst Drop Since ’11: Chart of the Day(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE