コンテンツにスキップする

政情不安と相場下落の影響、タイ金輸入急減-アジア需要軟化

東南アジア最大の金消費国であるタ イの金輸入が今年、最大50%減少するとの見方が広がっている。昨年、 金相場下落に歯止めをかけたアジアの前例のない需要が後退する兆しが 示されている。

タイ最大の金輸入企業であるYLGブリオン・インターナショナル によると、金価格下落と同国の政治的危機により金輸入は150-200トン となる見込み。1-3月(第1四半期)の金輸入は前年同期比78%減 少。2013年の金輸入は通年で314トン、約130億ドル(約1兆3000億円) 相当だった。

YLGのパワン・ナワワッタナスブ最高経営責任者(CEO)は7 日、バンコクでのインタビューで「金価格が今年、さらに下落すると予 想されているため金への投資意欲は後退している。金投資のリターンは 株式を大幅に下回っている」と指摘。「政情不安で国内景気が低迷し金 価格も下落トレンドにあるため、資金は投資よりも貯蓄に回されるだろ う」と述べた。

原題:Thai Gold Imports Plunge Amid Political Deadlock: Southeast Asia(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE