コンテンツにスキップする

ヘッジファンドの金買い越し、1カ月で最大の減少

ヘッジファンドによる金先物の買い 越しが過去1カ月で最大の落ち込みを示した。上場投資信託(ETF) を通じた金現物の保有量は2009年以来の低水準となった。

ヘッジファンドなど大口投機家による金の先物とオプションの買い 越しは13日終了週に過去3週間で2回目の減少となった。米商品先物取 引委員会(CFTC)のデータによると、買い越しは8.3%減の9 万4329枚。世界の上場取引型金融商品(ETP)を通じた金の保有量は 9週連続で落ち込み、計約69億ドル(約7000億円)相当の価値が失われ た。

金先物相場は3月に付けた半年ぶりの高値から約7%下落。米ゴー ルドマン・サックス・グループなどはさらに下落すると予想している。

約1兆4000億ドル相当の資産を運用するウェルズ・ファーゴ・アド バイザーズのシニア国際ストラテジスト、サミーア・サマナ氏は15日の インタビューで「全ての主要指標は、堅調で安定した米経済の成長を少 なくとも示唆するだろう」と指摘。「年末にかけて金相場は非常に急激 に下落する可能性がある。ファンダメンタル(需給関係)の状況は軟化 している」と述べた。

原題:Hedge Funds Cut Bullish Gold Wagers Most in a Month: Commodities(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE