米国債:4日ぶりに下落、上げ過ぎ感が台頭-10年債2.53%

16日の米国債は4日ぶりに下落し た。米国の景気が強さを増していることが示され、トレーダーの間では これまでの上げは行き過ぎていたとの見方が広まった。

10年債利回りは昨年10月以来の低水準から上昇。朝方発表された4 月の米住宅着工件数が予想以上に増加したことが影響した。30年債のリ ターンは年初から前日までに13%と、同時期としては1995年以来で最大 のリターンとなった。

BTIGのチーフ・グローバル・ストラテジスト、ダン・グリーン ハウス氏は、「リスクとリターンのトレードオフは、利回りが高かった 時期に比べるとかなり投資妙味が低下している」と述べ、「この水準で ロングポジションを建てようとするのは難しい。今後の利回りの展開は 上昇だ」と続けた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによれば、ニューヨーク時間 午後5時5分現在、10年債利回りは前日比3ベーシスポイント(bp、 1bp=0.01%)上昇の2.53%。同年債(表面利率2.5%、2024年5月 償還)価格は8/32下げて99 26/32。

30年債利回りは2bp上昇して3.34%。前日は一時3.30%と、昨年 6月以来の低水準となった。バンク・オブ・アメリカ(BOA)メリル リンチの指数によると、30年債のリターンは昨年、15%のマイナスだっ た。

消費者マインド指数

5月の米トムソン・ロイター/ミシガン大学消費者マインド指数 (速報値)は81.8と、前月の84.1から低下した。ブルームバーグがまと めたエコノミスト予想の中央値は84.5への上昇だった。

ブルームバーグ米国債指数によると、年初から前日までの米国債の リターンは3.3%。ブルームバーグ・グローバル先進国ソブリン債指数は 同期間に4.4%のプラスだった。

ソシエテ・ジェネラルのトレーダー、ショーン・マーフィー氏(ニ ューヨーク在勤)は「利回りを大幅に押し上げることに対して市場はた めらっている」と述べた。

ネットロングの増加

RBSセキュリティーズのストラテジスト、ガブリエル・マン氏 は、「日々あるいは週間ベースの勢いを見ても、今はかなり買われ過ぎ ている」と述べた。

米商品先物取引委員会(CFTC)の統計によれば、ヘッジファン ドなど大口投機家の30年債先物に対するネットロングポジションは13日 終了週では前週比で76%増加していた。

米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長は、米経済が完全 な健全性を実現するにはさらなる道のりがあると述べた。議長は先週、 米経済は当局による刺激策をなお必要としているとの認識を示した。当 局は資産購入策の縮小を進める一方で、政策金利は2008年以降、事実上 のゼロ金利としている。

日本銀行の黒田東彦総裁は15日、「追加緩和を行う選択肢はあまり ないのではないかという人もいるが、私はそうは思わない。必要であれ ば、2%の物価目標を達成するための方法、手段、選択肢はたくさんあ る」と述べた。

欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は先週、必要であればECB が6月に利下げを実施することを示唆した。またイングランド銀行(英 中央銀行)のカーニー総裁は14日、政策金利の引き上げを来年まで待つ 意向を示唆した。

米商務省の発表によると、4月の住宅着工件数(季節調整済み、年 率換算、以下同じ)は107万戸と、前月の94万7000戸から13.2%増加し た。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央値 は98万戸だった。

原題:Treasuries Fall First Time in Four Days as Rally Seen Overdone(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE