セントルイス連銀総裁:目標達成視野に、緩和縮小を正当化

セントルイス連銀のブラード総裁 は、雇用とインフレに関する当局の目標は、過去5年を振り返って今が 一番目標達成に近いと述べた。

ブラード総裁は16日、アーカンソー州リトルロックで講演し、「当 局の目標達成は視野に入っている」と述べ、米連邦公開市場委員会 (FOMCが決定した「資産購入の規模縮小(テーパリング)を正当化 している」と続けた。同総裁は今年、FOMCでの議決権は有していな い。

講演原稿によると、総裁は「FOMCは過去5年のどの時期よりも 政策目標の達成に近づいている」と言明した。

原題:Bullard Says Fed Closer to Goals Than Any Time in Five Years(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE