NATO:ロシアの確約は信用できない、ウクライナめぐる

北大西洋条約機構(NATO)のラ スムセン事務総長は、ロシアにはウクライナにさらに介入する計画はな いとするロシアのプーチン大統領の言質は信用できないとの考えを示し た。ウクライナでは25日の大統領選挙に向けて情勢不安が続いている。

ラスムセン事務総長は16日、ルーマニアのバセスク大統領とブカレ ストで開いた共同記者会見で、「ウクライナの状況を見てきた後では、 主権や保全に関してロシアから得たいわゆる保証を誰も信用することは できない」と発言。「われわれはロシアが国際的な義務を尊重し、状況 を不安定にする取り組みをやめることを望んでいる」と続けた。

ピレイ国連高等弁務官は同日、ウクライナで監視チームが作成した リポートについて「同国東部での人権状況の驚くべき悪化」を示してい ると述べた。

リポートでは「ウクライナ統一の支持者を中心とする、平和的なデ モ参加者に対する暴力行為が繰り返された」ほか、「的を絞った殺害、 拷問や暴行、拉致、脅し、一部の例では性的嫌がらせが、多くは組織化 かつ武装化した東部の反政府勢力によって実行された」と非難してい る。

原題:NATO Chief Says Russia’s Guarantees on Ukraine Can’t Be Trusted(抜粋)

--取材協力:Daryna Krasnolutska、Daria Marchak、Volodymyr Verbyany、Aliaksandr Kudrytski、Scott Rose.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE