コンテンツにスキップする

中国人民元が下落-輸出促進のため人民銀は元安寄りとの観測

中国人民元は16日、ドルに対し下落 した。週間ベースでも下げた。中国政策当局が輸出促進のために元安を 望んでいるとの観測が背景。

交通銀行の何文俊エコノミスト(香港在勤)は、中国人民銀行(人 民銀)について「景気が減速している中で輸出を増やすため依然として 元安寄りだ」と指摘。「元相場は目先上昇したとしても長続きしないだ ろう」と述べた。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、元は上海市場 で前週末比0.09%安の1ドル=6.2334元で引けた。前日比では0.04% 安。人民銀は16日の中心レートを前日比0.02%元高方向の6.1628元に設 定した。

ブルームバーグのデータによると、元は香港のオフショア市場では 前週末比ほぼ変わらずの6.2348元。前日比では0.04%安。1年物ノンデ リバラブル・フォワード(NDF)は前週末比0.18%安の6.2345元と3 週間ぶりに反落した。前日比では0.06%高。

原題:Yuan Declines on Bets China Central Bank Favors Weaker Currency(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE